プロフィール

さくらさく

遠吠え人:さくらさく
競馬以外に競艇・競輪も嗜みます。
函館、大好き、函館行くなら「さかえ寿し高砂通り支店」!!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

歌野晶午著「春から夏、やがて冬」読了

文学的に過ぎて面白味に欠けます。

ミステリー色が極めて薄いのも残念。

春から夏、やがて冬 (文春文庫)春から夏、やがて冬 (文春文庫)
(2014/06/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 春から夏、やがて冬

歌野晶午著「春から夏、やがて冬」

かなり捻らないと誉めてもらえなくなった作家さん。

お気の毒ではありますけど、
期待の裏返しなんで頑張って欲しいですね。

春から夏、やがて冬 (文春文庫)春から夏、やがて冬 (文春文庫)
(2014/06/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 春から夏、やがて冬

歌野晶午著「絶望ノート」読了

よく練られていると思いますよ。
で、面白いのかというとそれは別物。

無駄に長くて間延びした感は拭えませんね。

絶望ノート (幻冬舎文庫)絶望ノート (幻冬舎文庫)
(2012/08/02)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 絶望ノート

歌野晶午著「絶望ノート」

「葉桜の季節に君を想うということ」で
すっかりメジャーになった作家さん。

でも、初期の作品の方が好みなんですけどね。

絶望ノート (幻冬舎文庫)絶望ノート (幻冬舎文庫)
(2012/08/02)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 絶望ノート

歌野晶午著「女王様と私」読了

これは良くないですねぇ。

短編ならこういう作りもありなんでしょうが、
長編でやられると徒労感ばかりが残ります。

女王様と私 (角川文庫 う 14-6)女王様と私 (角川文庫 う 14-6)
(2009/09/25)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 女王様と私

歌野晶午著「女王様と私」

思わせぶりなタイトル。

どうなのかなぁ。

女王様と私 (角川文庫 う 14-6)女王様と私 (角川文庫 う 14-6)
(2009/09/25)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 女王様と私

歌野晶午著「長い家の殺人」読了

トリックはかなり早い段階でモロバレ。
2度繰り返すほどのものではない。

それでも作り自体は嫌いじゃないですよ。

長い家の殺人 (講談社文庫)長い家の殺人 (講談社文庫)
(2008/04/15)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : 地方競馬 - ジャンル : ギャンブル

タグ : 歌野晶午 長い家の殺人

歌野晶午著「長い家の殺人」

古本屋さんで仕入れましたが、
これは“新装版”です。

氏のデビュー作みたいですね。

長い家の殺人 (講談社文庫)長い家の殺人 (講談社文庫)
(2008/04/15)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 長い家の殺人

歌野晶午著「動く家の殺人」読了

ほぉ、良いですね。
ここも信濃譲二登場、シリーズ物なんですね。

この展開でこの後ってあるのでしょうか?
もっと読みたいのですが・・・

動く家の殺人 (講談社文庫)動く家の殺人 (講談社文庫)
(1993/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 動く家の殺人

歌野晶午著「動く家の殺人」

「白い家の殺人」と同時に古本屋さんで仕入れました。

こちらも近々“新装版”が出るんでしょうかねぇ。

動く家の殺人 (講談社文庫)動く家の殺人 (講談社文庫)
(1993/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 動く家の殺人

歌野晶午著「白い家の殺人」読了

うん、嫌いじゃないですね。
最近はこんな感じの作品が少ないのが残念です。

探偵役の名前が信濃譲二なのですが、
シナノジョージといえば南関東で活躍後、
JRA入りした馬ですよね。
この馬が走っていた時期と本作の初出時期が
微妙にかぶっているのは何か関係があるのでしょうか?

白い家の殺人 (講談社文庫)白い家の殺人 (講談社文庫)
(1992/09)
歌野 晶午

商品詳細を見る


新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)
(2009/04/15)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 白い家の殺人

歌野晶午著「白い家の殺人」

昨晩、古本屋さんで仕入れたばかりなのですが、
今晩寄った書店には“新装版”とやらが平積みでビックリ。

手元にあるのはもちろん“旧装版”、しかも第1刷。
当時、さほど売れずに永らく絶版だったのでしょうか。

白い家の殺人 (講談社文庫)白い家の殺人 (講談社文庫)
(1992/09)
歌野 晶午

商品詳細を見る


新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)新装版 白い家の殺人 (講談社文庫)
(2009/04/15)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 白い家の殺人

歌野晶午著「ジェシカが駆け抜けた七年間について」読了

なるほどねぇ、
読者のみが謎に直面する、
という趣向ですか。

ある意味卑怯な作りなので、
好き嫌いはありそうですが、
私はそれなりに納得しました。

ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫 う 14-5)ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫 う 14-5)
(2008/10/25)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ジェシカが駆け抜けた七年間について

歌野晶午著「ジェシカが駆け抜けた七年間について」

タイトルは長いですが、
薄手の作り、中編程度でしょうか。

70頁ほど読み進みましたが、
まだ何事も起こりません。
大丈夫?

ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫 う 14-5)ジェシカが駆け抜けた七年間について (角川文庫 う 14-5)
(2008/10/25)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ジェシカが駆け抜けた七年間について

歌野晶午著「ガラス張りの誘拐」読了

第二の事件→第三の事件→第一の事件、
この構成がいいですね。

不自然な人物が紛れ込んでいるのはマイナス。

ガラス張りの誘拐 (角川文庫)ガラス張りの誘拐 (角川文庫)
(2002/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ガラス張りの誘拐

歌野晶午著「ガラス張りの誘拐」

少し古めの薄手の作品。

主人公の刑事のキャラがしっくりきませんが、
筋は悪くなさそう。

ガラス張りの誘拐 (角川文庫)ガラス張りの誘拐 (角川文庫)
(2002/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ガラス張りの誘拐

歌野晶午著「葉桜の季節に君を想うということ」読了

東京優駿後の一人反省会で読了。

ふーむ、そういうオチですか。
こんな感じのは過去にも多数あったような・・・
それを重ねたのが目新しくて評価されているのかな?

ずいぶんと気合いを入れて伏線を張っているのは理解できます。
しかし、渋谷で腕を組んで、はちょっとやりすぎ。
あれは蛇足、反則だと思います。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午著「葉桜の季節に君を想うということ」

割合評判の良い作品のようですね。
ボリュームは私好み。

東京優駿までに読了しよう!

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)
(2007/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午著「世界の終わり、あるいは始まり」読了

う~ん、どうなのかなぁ。

個人的にはこの手の造りは気に入りません。
最初にフンと鼻で笑って、
あとはどうせまたなんでしょ、
という感じ。

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
(2006/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 世界の終わり、あるいは始まり

歌野晶午著「世界の終わり、あるいは始まり」

序盤に「競馬」の文字が登場。
それだけでプラスポイントだがね。

意外にしっかりとした作品のような感じ、楽しみです。

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
(2006/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 世界の終わり、あるいは始まり

歌野晶午著「生存者、一名」読了

あっさりしすぎですね。

長さからして致し方ないですが、
もうワンパンチ効かせて欲しいところ。

生存者、一名 (祥伝社文庫)生存者、一名 (祥伝社文庫)
(2000/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 生存者、一名

歌野晶午著「生存者、一名」

短編に毛が生えたような長さ。

あっという間に読了することでしょう。

生存者、一名 (祥伝社文庫)生存者、一名 (祥伝社文庫)
(2000/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 生存者、一名

歌野晶午著「ROMMY 越境者の夢」読了

創作に対する強い意欲が感じられ、好感が持てます。
少々の不自然さ、古くささは目を瞑りましょう。

サブタイトルの“越境者の夢”、悪くないと思います。

もう少し読み込んでみたい作家さんに格上げします。

Rommy―越境者の夢 (講談社文庫)Rommy―越境者の夢 (講談社文庫)
(1998/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ROMMY 越境者の夢

歌野晶午著「ROMMY 越境者の夢」

意味深な書き出し。

かなり凝った作りになってそうな雰囲気。

Rommy―越境者の夢 (講談社文庫)Rommy―越境者の夢 (講談社文庫)
(1998/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ROMMY 越境者の夢

歌野晶午著「館という名の楽園で」→読了

文庫で150頁ほど、行間・余白たっぷりの小編、
通勤復路と一杯呑んでいる間に読了。

文庫書き下ろしで、この短さ、
やっつけ仕事かと思いきやさにあらず、
十分楽しめました。

作中にヒントがちりばめられているので、
ははぁ、これはこうね、と読み進みやすい作品です。

館という名の楽園で (祥伝社文庫)館という名の楽園で (祥伝社文庫)
(2002/06)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 館という名の楽園で

歌野晶午著「ブードゥー・チャイルド」読了

うーむ、何とも微妙な感じ。
正直、私の好みではない。

でも、一般ウケはそう悪くないのかなぁ、という印象も。

大抵そんな感じだからこそ、
この著者の作品はあまり読まないのでしょう。

(決して悪くはないのですよ。)

ブードゥー・チャイルド (角川文庫)ブードゥー・チャイルド (角川文庫)
(2001/08)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ブードゥー・チャイルド

歌野晶午著「ブードゥー・チャイルド」

オカルトっぽい始まり。
好みじゃないんだよなぁ・・・

ブードゥー・チャイルド (角川文庫)ブードゥー・チャイルド (角川文庫)
(2001/08)
歌野 晶午

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 歌野晶午 ブードゥー・チャイルド

| ホーム |


 BLOG TOP