プロフィール

さくらさく

遠吠え人:さくらさく
競馬以外に競艇・競輪も嗜みます。
函館、大好き、函館行くなら「さかえ寿し高砂通り支店」!!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

志水辰夫著「夜の分水嶺」読了

これまでに読んだ氏の作に比べて、
あまりにも行き当たりばったりのような・・・

読者アンケートで打ち切りになった連載漫画の如き結末。
どうしようもない凡作です。
こんなものを新装版として発行した徳間書店の見識を疑います。
完全なる儲け主義ですな。

夜の分水嶺 新装版 (徳間文庫 し 8-5)夜の分水嶺 新装版 (徳間文庫 し 8-5)
(2007/09/07)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 夜の分水嶺

志水辰夫著「夜の分水嶺」

のっけからバリバリのハードボイルドでんな。

初出は1994年、
このところの氏のプチブームに乗っかって
新装版の発刊と相成ったのでしょう。

夜の分水嶺 新装版 (徳間文庫 し 8-5)夜の分水嶺 新装版 (徳間文庫 し 8-5)
(2007/09/07)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 夜の分水嶺

志水辰夫著「裂けて海峡」読了

氏の作は「行きずりの街」「背いて故郷」「飢えて狼」と
ここ最近読んできましたが、これが一番いいですね。

テンポが私に合っているようです。
最近の作品では見られない結末も読ませどころ。

裂けて海峡 (新潮文庫)裂けて海峡 (新潮文庫)
(2004/08)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 裂けて海峡

志水辰夫著「裂けて海峡」

もう一丁、氏の作品で。
初出が1983年1月ですから、
世に出てまもなく四半世紀ですか。

本作も海絡みのようです。

裂けて海峡 (新潮文庫)裂けて海峡 (新潮文庫)
(2004/08)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 裂けて海峡

志水辰夫著「飢えて狼」読了

サバイバル小説とでもいうのでしょうか。
逃亡シーンはなかなか迫力があり、
古いなりに楽しめました。

今までに読んだ氏の作よりは、
若干軟らかめの文体のように感じます。

飢えて狼 (新潮文庫)飢えて狼 (新潮文庫)
(2004/05)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 飢えて狼

志水辰夫著「飢えて狼」

米ソ冷戦という時代背景。
その時代の作品ですからかなり古いです。

謀略小説・スパイ小説は
この時代が最も盛んだったのでしょうかねぇ。

飢えて狼 (新潮文庫)飢えて狼 (新潮文庫)
(2004/05)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 飢えて狼

志水辰夫著「背いて故郷」読了

なるほど、このドヨンとした感じが志水節なんですな。
間違いなく「行きずりの街」と同じ著者の作品です。

中身は可もなく不可もなく。

誤植発見、手元にあるのは新潮文庫の二刷。
417頁最終行の『要件』は『用件』でしょう。
4行前はちゃんと『用件』となっているのにねぇ。

背いて故郷 (新潮文庫)背いて故郷 (新潮文庫)
(2005/01)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 背いて故郷

志水辰夫著「背いて故郷」

初出が1985年10月とのことですから、
もう20年以上も前の作品。
「行きずりの街」(1990年初出)より古いんですね。

その「行きずりの街」が
“これってミステリー?”という感想。
さて本作はどんなもんでしょう。

背いて故郷 (新潮文庫)背いて故郷 (新潮文庫)
(2005/01)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 背いて故郷

志水辰夫著「行きずりの街」読了

スリリングではありますが、これってミステリーなんですかねぇ。

スリリングじゃない作り話ほど面白くないものはないですから、
そういう意味では普通の小説としては合格なのでしょう。
でも、ミステリーじゃないよなぁ。。。

行きずりの街 (新潮文庫)行きずりの街 (新潮文庫)
(1994/01)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 行きずりの街

志水辰夫著「行きずりの街」

初出は平成2年、文庫化が平成6年という古い作品。
なぜか書店で平積みされていたので購入。

1991年度の「このミステリーがすごい!」第1位だそうです。

行きずりの街 (新潮文庫)行きずりの街 (新潮文庫)
(1994/01)
志水 辰夫

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 志水辰夫 行きずりの街

| ホーム |


 BLOG TOP