プロフィール

さくらさく

遠吠え人:さくらさく
競馬以外に競艇・競輪も嗜みます。
函館、大好き、函館行くなら「さかえ寿し高砂通り支店」!!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

島田荘司著「ロシア幽霊軍艦事件 名探偵 御手洗潔」読了

歴史ミステリーの範疇ですかね。

あまりこの手は好んでは読みませんが、
先入観の全くない人物が話の中心でしたので
かえって興味深く読めましたよ。

ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)
(2015/01/28)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 ロシア幽霊軍艦事件 名探偵 御手洗潔

島田荘司著「ロシア幽霊軍艦事件 名探偵 御手洗潔」

御手洗潔は好きですよ。

そもそもの事件が古そうなのがどうですかねぇ。

ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)
(2015/01/28)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 ロシア幽霊軍艦事件 名探偵 御手洗潔

島田荘司著「最後の一球」読了

ミステリーと言うにはチト弱いかなぁ。
御手洗潔も添え物にすぎないですし。

最後はミエミエなのに引っ張りすぎ。
ちょっと残念な出来ですな。

最後の一球 (文春文庫)最後の一球 (文春文庫)
(2010/07/09)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 最後の一球

島田荘司著「最後の一球」

御手洗潔シリーズです。

タイトルからして野球絡みですわな。

最後の一球 (文春文庫)最後の一球 (文春文庫)
(2010/07/09)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 最後の一球

島田荘司著「水晶のピラミッド」読了

大作ですよぉ。
でもねぇ、御手洗登場まではきわめて退屈。
基本的に海外が舞台なので
必然的に人名はカタカナばかり。
これが退屈さを助長していますね。

後半は一転して慌ただしすぎる感じ。
昔のミステリーはこんな感じだったかなぁ。

水晶のピラミッド (講談社文庫)水晶のピラミッド (講談社文庫)
(1994/12)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 水晶のピラミッド

島田荘司著「水晶のピラミッド」

古本屋さんで見かけたので購入。

ボリューム満点。
カタカナが多そうなのがやや不安。

水晶のピラミッド (講談社文庫)水晶のピラミッド (講談社文庫)
(1994/12)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 水晶のピラミッド

島田荘司著「暗闇坂の人喰いの木」読了

再読ではなかったです。
かなりトリッキーですが、まずまずでしょう。

“巨人の家”は見取図を見た瞬間に
ほとんどの人にネタバレなのでは?

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)
(1994/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 暗闇坂の人喰いの木

島田荘司著「暗闇坂の人喰いの木」

年末年始にめぼしい新刊文庫がなく
苦し紛れの島田荘司連チャン。

結構古い作品なので、
もしかしたら昔読んだことがあるかも。

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)
(1994/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 暗闇坂の人喰いの木

島田荘司著「犬坊里美の冒険」読了

うん、これ、面白いですよ。
そこそこボリュームはあるのですが、
一気に読み切ってしまいました。

かなり大雑把な作りなので、
その気になればツッコミどころは満載。
しかし、それも許せてしまいますね。

犬坊里美の冒険 (光文社文庫)犬坊里美の冒険 (光文社文庫)
(2009/08/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 犬坊里美の冒険

島田荘司著「犬坊里美の冒険」

犬坊里美は「龍臥亭事件」「龍臥亭幻想」にも登場。
本作はその設定からみて
「龍臥亭幻想」から間もない事件ですね。

死体消失モノのようです。

犬坊里美の冒険 (光文社文庫)犬坊里美の冒険 (光文社文庫)
(2009/08/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 犬坊里美の冒険

島田荘司著「龍臥亭事件」読了

分厚い上下分冊という物理的な面だけでなく、
内容的にも重たい作品ですね。

「三十人殺し」の挿話が長すぎてなかなか前に進まない感じ。
本筋の方がオマケのような印象すら受けるのが少々残念です。

龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫)龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫)
(1999/10)
島田 荘司

商品詳細を見る

龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)
(1999/10)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 龍臥亭事件

島田荘司著「龍臥亭事件」

古い作品なので探し回らないと見つからないかと思ったら、
うまい具合に行きつけの書店に並んでいたので早速購入。

「龍臥亭幻想」より厚い上下分冊でボリュームたっぷり。
密室モノでしょうか。

龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫)龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫)
(1999/10)
島田 荘司

商品詳細を見る

龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)
(1999/10)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 龍臥亭事件

島田荘司著「龍臥亭幻想」読了

懐かしい匂いがしますね。
昔はこういうおどろおどろしい雰囲気の作品が
たくさんありました。

まずまず楽しめたので、
遡って「龍臥亭事件」も読んでみますかね。

龍臥亭幻想(上) (光文社文庫)龍臥亭幻想(上) (光文社文庫)
(2007/10/11)
島田 荘司

商品詳細を見る

龍臥亭幻想(下) (光文社文庫)龍臥亭幻想(下) (光文社文庫)
(2007/10/11)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 龍臥亭幻想

島田荘司著「龍臥亭幻想」

この分冊には納得ですよ。
3分冊だと怒りますけどね。

久しぶりにこの大御所の作品を手にします。
その前に「龍臥亭事件」を読むべきでしたかね。

龍臥亭幻想(上) (光文社文庫)龍臥亭幻想(上) (光文社文庫)
(2007/10/11)
島田 荘司

商品詳細を見る

龍臥亭幻想(下) (光文社文庫)龍臥亭幻想(下) (光文社文庫)
(2007/10/11)
島田 荘司

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 島田荘司 龍臥亭幻想

| ホーム |


 BLOG TOP