プロフィール

さくらさく

遠吠え人:さくらさく
競馬以外に競艇・競輪も嗜みます。
函館、大好き、函館行くなら「さかえ寿し高砂通り支店」!!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

沢木冬吾著「天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア」読了

視点のふらつきによる読みにくさは、
「償いの椅子」と同様。

スカッとする読後感ではないですね。
なぜいまさらという動機もちょっとなぁ。
でも、全体としては悪くはないです。

天国の扉    ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)
(2008/10/25)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア

沢木冬吾著「天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア」

この著者の作を手にするのは3作目。
「償いの椅子」はイマイチ、
「愛こそすべて、と愚か者は言った」はまずまず。

さて、本作はどうでしょう?

天国の扉    ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)
(2008/10/25)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア

沢木冬吾著「愛こそすべて、と愚か者は言った」読了

「償いの椅子」より断然こちらの方が良いです。

こちらがデビュー作、あちらが長編第二作だそうですが、
何故あちらが先に文庫化されたのでしょう?

愛こそすべて、と愚か者は言った (角川文庫 さ 46-2)愛こそすべて、と愚か者は言った (角川文庫 さ 46-2)
(2007/07)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 愛こそすべて、と愚か者は言った

沢木冬吾著「愛こそすべて、と愚か者は言った」

評判が良いとされている同氏の「償いの椅子」、
ハッキリ言ってこれがイマイチ。

なので、半信半疑で手を付けています。

愛こそすべて、と愚か者は言った (角川文庫 さ 46-2)愛こそすべて、と愚か者は言った (角川文庫 さ 46-2)
(2007/07)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 愛こそすべて、と愚か者は言った

沢木冬吾著「償いの椅子」読了

非常に読みづらい。
誰の台詞かわかりにくい箇所多し。
あえてそうしているようにも思えるが・・・

あまり良い点は付けられません。

償いの椅子 (角川文庫)償いの椅子 (角川文庫)
(2006/10)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 償いの椅子

沢木冬吾著「償いの椅子」

ハードボイルドのようなのでウオッカに似合うか。

桜のお供に連れて行きます。

償いの椅子 (角川文庫)償いの椅子 (角川文庫)
(2006/10)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

テーマ : ミステリ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 沢木冬吾 償いの椅子

| ホーム |


 BLOG TOP